0798-22-2231 10:00~19:00

来店予約
会員登録

» よくある質問Q&A

リノベーション

リフォームの相談や見積りを出してもらうのに費用はかかりますか?

ご相談やお見積りは無料です。

是非、お気軽にご相談下さい。

リフォームと新築とでの違いは何?

リフォームと新築の大きな違いは、実際に工事が始まるとその工程の中で、『剥がす予定のないタイルが剥がれてしまい、余計に材料が必要になってしまった』など、材料などが予想より多くなることがほとんどであるという点です。

弊社では見積書を作成する段階で、お客様と対面で一項目づつご説明し、必要なもの・不必要なものを吟味します。

中古一戸建てのリノベーションをしたいのですが、お願いできますか?

はい、もちろん対応させて頂きます!

神戸リノベ不動産では、中古マンションだけでなく一戸建てのリノベーションもお受けしておりますので、安心して一度ご相談ください。

その他

資金面で不安があるのですが…

家計の中から住宅費として無理のない範囲でかけられる金額というのはお一人お一人異なります。

弊社では住宅ローンや5年・10年という資金計画の面まで、幅広いご相談に対応いたしております。

新築と中古、買うならどっちのマンションがおすすめ?

資産価値で考えるなら中古マンションはとても魅力的です。

新築は「はじめて鍵を開けた瞬間に、資産価値が約30%下がる」と住宅業界、不動産業界の中では考えられています。

購入者側からすれば一見とんでもない話だと思います。

なぜだと思いますか?それは価格の内訳をみるとよくわかります。

新築の場合、販売価格の70%がその物件の本来の評価価値で、あとの約30%は販売経費(主に広告費)があるからです。

これに対して、中古の場合は「築20年を超えるとほぼ土地値」となっています。

ですので、目線を変えると、土地値は大きく変動しないため、築20年の中古物件をリノベーションするということが資産価値を考えると一番賢いマイホームの購入の仕方だと思います。

だからもしあなたが、リセールバリュー(売り貸しするときの価値)という視点を持って、将来の損失を回避したい、かしこい資産運用をしたい、と思っているなら、中古物件という選択はとっても魅力的な選択といえるんです。

Fudousan Plugin Ver.1.8.0